磁気式水処理装置 ピュアドーラ

磁気式水処理装置『ピュアドーラ』は
赤水の原因である赤錆をマグネタイト(黒錆)に変え、赤水を止めると共に配管を保護します。
硬くこびりついたスケールを磁気処理によって柔らかくして、取れやすく、付きにくくします。

全国で約1,000基の導入実績

ピュアドーラの特徴

防錆(赤水・赤錆)/防・除スケール効果は半永久的

腐食の進行を止め、配管内壁にマグネタイト(Fe3O4)が生成され、ピュアドーラを設置している間は、常に安定したマグネタイト保護被膜の形成により腐食を防ぎます。また、保持力の安定した永久磁石を使用、付着スケールの溶解、再付着防止効果も持続します。

雑菌/藻の弊害にも対応可能(オプション併用)

冷却塔内等で発生するレジオネラ菌やその他の雑菌、大量繁殖する藻類にも、ピュアドーラはオプションと併用することで対応可能(ご相談ください)。

メンテナンスフリー&ランニングコストゼロ

化学薬品や消耗品を使用せず、装置内の磁界を水が通過することで効果を発揮するため、電気などの動力を必要としません。維持費や運転経費がかからず管理の手間も省けます。
磁気式水処理装置『ピュアドーラ』は他工法に比べ、イニシャルコストが低く、且つランニングコストが必要ありません。装置はステンレスとフェライトの永久磁石で構成されているので、消耗品や補充品が必要ないからです。
また磁石の磁力損耗率は年に0.1~0.3%といわれていますので半永久的に効果を発揮します。

装置の設置工事は短時間

受水槽・高架水槽の二次側や系統配管に装置を接続するだけなので2~6時間の断水が一度だけ。保温等のトータル工事も1~3日間で完了。工事による生活の不便さ、生産性の低下を最小限におさえます。

的確な機種選定

豊富な知識と経験から物件に応じて設備図面や現場調査等から配管の状況を的確に把握、更に配管材質や腐食状況などから総合的な判断をし、装置の適切な能力・仕様を選定することにより、戸建住宅から大型マンション・ビル、プラント設備など、様々なケースに対応できます。

環境保護に貢献

薬品や化石燃料を一切使用せず、恒久的に配管を保護しますので排水による汚染、廃棄物の焼却による環境の悪化を防ぎ、建物にも地球の健康にもやさしく環境保護に貢献します。
また配管更新をすると大量の産業廃棄物が出ます。樹脂ライニングや防錆薬品は人体に悪影響を及ぼしかねません。 『ピュアドーラ』はフランジ接続で簡単に設置できるので産業廃棄物を最小に抑え、給水系統で使う磁石には食品衛生法をクリアしたフッ素樹脂をコーティングをして人体に対する配慮もしております。
環境にも人体にも安全な装置、それが磁気式水処理装置『ピュアドーラ』です。

効果の確認を追跡調査

水質の改善を客観的に見るため、水道法基準に則した水質検査ならびにマグネタイトの防錆被膜が生成されているかを追跡調査いたします。第三者機関による検査結果書を添付した『追跡調査報告書』も作成しますので、他のメーカーさんより安心してお使いいただけます。

赤錆除去

スケール防止

ピュアドーラの特徴

磁気式水処理装置 「ピュアドーラ」は腐食しないフェライトの永久磁石を内包した多極セル式ユニット構造にて赤錆の発生及びスケールを防止します。

多極セル式ユニットは磁力線密度・均一度が高く、磁場面積(水流が晒される領域)が大きい事が特徴です。
これは多極磁場によるあらゆる面からの磁気処理で短い間に連続処理を行い、配管距離が長い場合はユニットの数を増やすことにより末端まで防錆します。

また配管口径が大きくなっても磁力が届き難くなることはなく、常に安定した磁気処理が行えます。

※インライン方式なので工事は必要。
※磁気処理装置の能力は磁力の強さではなく、いかに効率よく磁気処理するかがポイントです。

水の流れに対して、いかに直角に磁力線を当てるかを追求し、他社にはないオリジナルな構造になりました。
複雑な動きを見せる水流に、たくさん磁力線を当てることができることで、よりきめ細かい行き届いた磁気処理が可能になります。